英語が上達したら、体験型英語学習施設TGGを利用してみよう!

Gウィーク・夏休みの語学
「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

英会話って、使わないとなかなか上達しませんよね。

特に、ヒアリング力やスピーキング力は、英語で話す相手がいて、初めて本格的なトレーニングができます。

そのため、海外留学やホームステイをする人も多く見られますが、海外まで足を運ばなくても、日本国内で、まるで、海外に旅行に出掛けたかのような体験できる施設があるのをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

東京都英語村と呼ばれるTGG!その設立の目的は?

まず、TGGとは、東京都教育委員会と学研グループが運営する”体験型英語学習施設”のことで、「TOKYO GLOBAL GATEWAY」の略になります。

2018年9月に、東京のお台場にオープンしました。

東京都教育委員会が、児童・生徒が英語を使用する楽しさや必要性を体感し、英語学習の意欲向上のきっかけ作りとなるよう様々な工夫を凝らしました。

運営には、学研グループ、市進教育グループ(予備校・学習塾経営)、LCA(国際小学校、国際プリスクールを運営している会社)、英語教育協議会(ELEC)、博報堂などがサポートしています。

英語を習いたての初級者から習熟度の高い上級者まで、さまざまなレベルの英語力に対応し、「アトラクション・エリア」「アクティブイマージョン・エリア」の2エリアで、メインのプログラムを展開しています。

「英会話教室に通っている」
「英語教材で熱心に学んでいる」
「オンライン英会話で学んでいる」
「英検3級に合格した!」

など、英語学習に励んでいるご家庭では、ゴールデンウィークや夏休みなど、ちょっと腕試しに、お出かけになってみてはいかがでしょうか。

TGGで、何ができるの?

学校や企業の団体利用もありますが、ここでは、一般利用を中心にご紹介します。

5つの生活ゾーンでは、本当に海外旅行に行ったみたい!

TOKYO GLOBAL GATEWAYの2階には、海外の街並みがリアルに再現されたエリアがあります。

飛行機内の座席や、レストラン、スーベニアショップ、クリニックなど、海外で訪れることが想定される店や施設(アトラクション)を舞台に、店員役を務める外国人スタッフを相手に、英語でやりとりをします。

もし、海外旅行に出掛けたら、こんな場面で、あなたは英語で対応できますか?
というのを、体験することが出来るのです。

やり方は、アトラクションに入ると、アシスタント役の外国人スタッフからミッションが書かれたカードが渡されます。

カードに書かれたミッションを店員役の外国人スタッフに英語で伝えることができるかトライ!

英語のやりとりのパターンは全部で200種類以上も用意されていますので、何度か訪れたとしても、毎回まったく違う会話設定で体験できます。

ミッションをクリアすると、体験者全員に1冊ずつ配布されているパスポートにスタンプが押されます。

制限時間がありますので、効率よく回らなければいけません。

プログラムはグループ分けをしないので、1名単位で参加できます。

英会話に自信があるきょうだいは、独立して回ったり、家族みんなで回ってもOK!

レベルも、初級(英語初学者~英検5級未満レベル)、中級(英検準2級~5級レベル)、上級(英検2級以上)からお選びいただけます。

また、アトラクション館内の言語は、英語のみとなりますので、「May I go to the restroom?(トイレに行きたいのですが)」など、万が一、必要となりそうなフレーズを、スタート前に外国人スタッフと一緒に簡単に練習タイムもあります。

人気の海外生活ゾーンの場面は、次のようなものになります。

飛行機の中で!

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

最初に行きたいのは、飛行機内のゾーンですね。

「飛行機に乗った!」

という感覚で、その後、アメリカに到着したような気持になってきます。

機内では、雑誌や飲み物、ブランケットなどのアイテムを入手できるよう、ミッションをこなします。

レストラン

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

レストランの舞台です。

旅行先では、食事のたび、様々な飲食店で注文することになりますので、ぜひ身に付けておきたいやり取りですね。

ミッションでは、トッピングやドレッシング、サイドオーダー等も含めて、希望の食べ物や飲み物を注文しなければいけません。

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

こちらの店内は、かっこいいですね~!

ファーストフード店を再現している舞台です。

レストランと同じく、ハンバーガーとポテトとドリンクなど、それぞれ種類やサイズなどを注文しますが、違いは、

“For here or to go?”

など、現在、日本国内でも、よく尋ねられるようになりましたよね。

店内飲食か、テイクアウトか?

そのような場面も想定して、注文してみましょう。

スーベニアショップ(海外土産コーナー)

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

お土産コーナーと言っても、日本のお饅頭や煎餅などと違って、子どもには高価な土産物かもしれませんが、

おじいちゃんやおばあちゃんへのお土産を両親と一緒に選んで注文しているようなイメージで外国人スタッフとお話ししてみましょう。

選んだ商品のサイズや色など、親に代わって店員に好みを英語トークで伝え、上手におみやげを購入できるかな?

ホテルのフロント

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

いよいよ、ホテルにチェックイン!

ホテルのチェックインでは、部屋の設備や朝食時間、チェックアウト時間の確認など、確認事項がたくさんありますね!

ミッションでは、部屋のサイズやベッド数、窓から見える景色などの希望を伝えてみましょう!

もし、体調がわるくなったら・・・クリニック&薬局編

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

海外の不安材料は、もしも、体調が悪くなり、病院に行くかもしれない!という時、どう説明すればいいのか?ですね。

専門用語も多く、どこがどのように悪いのか?

病気やケガで動揺している時に、正確に症状を伝えることは、意外と難しいものです。

そんな時のことを想定して、どのような表現を身に付けておくと便利か?

今後の英語学習にも取り入れてみるヒントになりそうです。

実際の海外の病院に行くことを想定し、ミッションで、症状やケガの状態などを上手に伝えてみましょう。

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

また、同様に、病院ではなく、薬局に鎮痛剤などを購入しに行く場面設定もあります。

ファーマシーでは、お薬だけでなく、歯ブラシやつめきりなど、日常生活で使用するアイテムを購入するミッションも体験できます。

トラベルエージェンシー

画像元:「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

海外旅行中に旅程変更やツアー内容変更などが必要になることがあります。

このような場合に、旅行代理店に相談することがありますが、スケジュール、交通機関、料金など慎重に確認することがたくさんあります。

特定の設定の中でこれらを経験し、旅行関連のやりとりに慣れることができるゾーンです。

ミッションで、遊園地やハイキングなどに出かけるための希望の場所や交通手段を相談してみましょう!

初めての海外旅行の準備として、また、日頃練習している英会話がどのくらい上手に使えるようになったか?

など、レベルや経験に合わせて、とても楽しく学べる体験施設です。

実は、DWEディズニー英語教材で英語学習をした子供たちも利用しているんですよ!

DWEユーザーのみゆりちゃん・莉帆ちゃんが話題のTOKYO GLOBAL GATEWAYを体験!

その他にも、絵本の読み聞かせや、プログラミング、ゴールデンウィークや夏休み中などの特別教室、イベントなども行なっています。

一日過ごしていると、本当に、海外にやって来た気分になりそうです。

ご利用には、予約が必要です。

詳しいことは、こちらからご覧いただけます。

TOKYO GLOBAL GATEWAY | 東京お台場エリアの体験型英語学習施設
着いた瞬間からそこは英語だけの世界!新しいタイプの体験型 英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY」

また、オンライン英会話などで、日頃から、外国人講師と英会話のレッスンを自宅で行ないたい場合は、オンライン英会話比較コーナーも、ご参考にご覧に頂けます。

オンライン英会話の比較まとめ
子ども向けの人気のオンライン英会話がたくさんありすぎて、選ぶのに困ったりしませんか? 同じ月額料金でも、サービス内容やシステムの一体どこが違うのでしょうか? そんな疑問が一気に解決するよう、様々なオンライン英会話を、分かりやすく...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました