ディズニー英語システムの評判が悪い理由は、この3つ!

DWEディズニー英語システム

ディズニー英語システムの評判を検索すると、悪い評判は、次の3点に絞られてきます。

・値段が高い
・最後まで使いきれなかった
・営業マンがしつこい

あなたも、心配されている悩みなのではないでしょうか。

そこで、一つずつ、その詳細について、調査・分析をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ディズニー英語システムの値段が高額過ぎる?

ディズニー英語システムの教材は、ご存知の通り、幼児英語教材の中で、トップクラスのお値段です。

最も安いパッケージが、シングアロングの

ワールド・ファミリー・クラブ会員価格162,800円(税込み、2019年12月現在、公式サイトより)

メインプログラムの入った最も高額なパッケージが、100万円弱という金額なので、確かに、赤ちゃんに買い与えるのにはとても高価なお値段ですよね。

その高額になってしまう考えられる理由は、こちらです。

    • すばらしいプログラムにするための開発費
    • ディズニーキャラクターの版権
    • 無償で何度も交換できるサポート
    • 営業マンの報酬

    低料金の幼児教材には、このあたりのコストを抑えることで、お手頃価格を実現しています。

    毎月数千円の通信教材で比較すると、

    【毎月の通信教材の場合】

    • 開発費用各年齢に応じた内容のみ(小学校入学前までに習得できるのが、アルファベット、身の回りの単語、挨拶や日常会話に使用できる簡単なフレーズ・表現など)
    • キャラクター自社オリジナルデザイン(その教材のみで使われているオリジナルキャラクターで、子どもの好きそうなイラスト。教材を使ってない人には、名前も分からない。)
    • 無償交換サポートなし(品質に問題がある場合は、通常交換対象になりますが、使用中の事故・破損はもちろん、子どもの落書き、DVDの傷など、当然交換はありません。)
    • 営業マンの報酬:なし(通信教材は広告宣伝費として、テレビや雑誌などに経費が使用されますが、自宅まで来て、説明や体験をしてくれる営業マンはいません。)

    高額教材と低価格の教材の違いを見ただけでも、当然、高額になってしまう理由が分かりますね。

    トップクラスの教材には、トップクラスのサポートやプログラム開発、多くの人に愛されるキャラクターの使用など、贅沢なものがいっぱい詰まっているということです。

    ディズニー英語教材のレベル別プログラムの詳細については、次の記事内で紹介していますので、気になる方は、合わせてご覧ください。

    【ステップ①について】

    ディズニー英語システムの特長と評価についてー他社との違い
    ディズニー英語教材の最初のステップ(青色)だけでも、中学英語の不定詞や動名詞まで入っています。そのあたりも使ってみたママたちからの評価され、数々の受賞をしています。他社にはない文法や特長を例を挙げながらご紹介しています。

    【ステップ②~卒業まで】

    購入前に、ディズニー英語教材の各ステップの内容(文法・表現)を見てみよう!
    購入前に、ディズニー英語教材の各ステップの内容(文法・表現)を見てみましょう!各ステップの教材から、どんなレベルで構成されているのかをご覧いただけます。内容は、一部のみピックアップしたものです。他教材との違いが、よく分かると思います。

    ディズニー英語教材を途中で辞めてしまった!という評判

    せっかく高い金額を支払っても、途中で挫折してしまい、子どもの口から英語が飛び出さないうちにやめてしまう!

    これって、本当に親としては、後悔が残りますよね!

    そのような後悔をされたという多数の口コミ・評判から、失敗しないためのアドバイスを、次のようにまとめてみました!

    失敗談 子どもが興味をもってくれず、結局、押し入れ行きになってしまいました。

    実は、幼児教材の場合、英語教材に限らず、よくあることなんですね!

    0歳の赤ちゃんは、周囲にあるものすべてを観察し、五感を使って自分の生まれた世界を学習しようと、大忙しだと言われています。

    その学習の一部により、語り掛けてくれるお父さんやお母さんの言葉を覚えていきます。

    ※早期教育について、参考になる記事はこちら!→「0歳からの早期教育とは?

    そのため、赤ちゃんなりの学習している間に入り込んで、DVDや絵本を見せようと思っても、上手くいきません。

    また、学習後、疲れているとき、お腹すいてるなど、赤ちゃんの不機嫌な時に始めようと思ってもうまくいかないことも多いのです。

    0歳から始める場合は、ディズニー英語教材を親子のコミュニケーションツールの一つとして、親子同志機嫌がいい時に、楽しく、見せたり、使うのが基本となります。

    赤ちゃんが、ご機嫌な時に使用するように心掛けると、どんな反応が見られるのか、ディズニー公式サイトに寄せられたホームビデオの一部がこちらの動画になります。

    DWEで赤ちゃんから英語をはじめる人増えてます!

    デジタルトークアロングのカードが動き、声が聞こえるだけでも喜ぶ赤ちゃんの姿、

    映像と同じ音の出るおもちゃを持って、一緒に楽しくリトミック!する乳幼児の姿があります。

     

    親の仕事は、DVDなどの教材のセッティングをしたり、トークアロングなどを使う教材の補助をしてあげたり、学習タイムを作ってあげることになります。

    もし、テレビを見せたくなければ、絵本とCDを使用することもできます。

    親の仕事は、決して、英語のお手本を見せることではありません。

    重要なのは、大人が一緒にそばで楽しそうに見守ってあげることで、学習効果は高まります。

    例えば、映像と同じことが「上手にできたね~!」と声掛けをしながら褒めてあげることです。

    赤ちゃんは、両親の優しい声と笑顔が大好きなので、自分がやって見せたことで、「優しい声」と「笑顔」が返ってくると、もっとやりたくなります!

    その逆に、

    • テレビや教材にお任せにし過ぎて、褒めることをしない。
    • 終わった後、無言で教材を片付ける。
    • 教材を使用中、ずっとスマホを見て、赤ちゃんの方を見てくれない。
    • 教材の使用中、家事でバタバタ動き回っている。
    • 覚えてきたかどうか、時々テストをし、間違ったり、言えないとがっかりした顔をしたり、怒った顔をする。
    • 親の機嫌が悪い時に、あるいは面倒くさそうに教材を用意する。
    • 赤ちゃんの「見て見て!」という反応に、「忙しいから、後で!」とか、不機嫌な反応をしてしまう。
    • すでに飽きてしまったDVDを見せている。(※この場合は、まだ未使用のものに変更してみるとよい。)

    など、このような使い方をしてしまうと、英語どころか、ひらがなや、すべての幼児教材で失敗することもあり得ます。

    また、ここまでは、0歳の赤ちゃんに対する接し方でしたが、2~3歳の子も、注意事項は同じですが、幼児期特有の壁も出てきます。

    2~3歳になると、イヤイヤ期という成長過程の時期もあります。

    ディズニー英語教材だけが興味なくなるのではなく、お出かけ前に、洋服を着替えるのを嫌がったり、お風呂に入るのを嫌がったり・・・。

    そんな時期は、イヤイヤ教材に取り組むのではなく、しばらく、使用する期間をあけたり、車の中でのみCDのかけ流しをしたり、遊んでいるときのバックミュージックとして、小さな音でかけ流したり、あるいは、お母さんが自分でトークアロングを使う姿を見せると、向こうから「自分もやりたい!」とやって来ることもあります。

    さらに、3歳以降、幼稚園入園以降になると、新しいお友達の影響を受けやすくなります。

    今どきのアニメや子供番組を見たがったり、「英語は必要ない!おもしろくない!」と言いだすかもしれません。

    だから、好き嫌いが出る前の3歳までが、一番取り組みやすい時期でもあるのです。

    英語のインプットには、2000時間英語を聞き続ける必要があると言われています。

    2000時間を(365日×3年間)で割ると、1.826・・・となり、一日に約2時間の英語のインプットが必要な計算になります。

    0歳からではなく、2歳~からスタートする場合は、もっと一日にインプットする時間が必要になってしまいますが、さすがに、4~6時間もインプットに時間をとるのは、脳に良くありません。

    しかし、自分でデジタルトークアロングを使ったりすることはできる年齢にもなってきているので、インプットとアウトプットを同時に進めていったり、シングアロングの歌を、お母さんとどっちが先に覚えて歌えるようになるか?など、競争することで、モチベーションアップを図っていくこともできます。

    年齢が高くなればなるほど、インプットの量が足りないので、始めるなら、少しでも早く!

    その方が、教材を無理なく使用していくことができます。

    「興味を持ってもらえなかった」という声に、イヤイヤ期・幼稚園に入園後という口コミが一番多かったように思います。

    高価な教材を無駄にしないためにも、上手な利用方法・活用方法を考えたうえで、購入しましょう。

    購入=乳幼児が勝手に喜んで使う!

    と、子ども任せに思って購入すると、それもまた、後悔する危険性があります。

    親は、サポート”褒める!”ということを決して忘れないようにしましょう。

    また、上手く活用できなかった時のため、できるだけ、有料会員となって、アドバイスやネイティブの講師とのテレフォンイングリッシュ、キャップという目標を持って頑張るシステムを大いに利用していきましょう。

    営業マンに対する不満

    多数の口コミを調査したところ、ディズニー英語教材に関する不満は、ほとんど見当たらなかったのですが、購入のきっかけとなった営業マンに対する不満は、数多く見られました。

    営業マンも人間ですので、日本全国、たくさんいらっしゃる営業マンが全員感じ良い印象になることはないでしょう。

    人によっては、気が合わない!という自分に対しては、マイナス的な営業マンに当たってしまったということもあるでしょう。

    教材のうち、少しでも高額なセットを強く勧めたことで、「押し売りされた!」と感じる人もいれば、「高額で決心がつかないから、背中を押す一言が欲しい!」と思う人もいるからです。

    また、営業マンの方が、自宅を訪問した際に、「今日、契約すれば、○○をプレゼント!します」など、考える猶予を与えてくれない!という口コミもあります。

    訪問当日、教材についての説明を聞く前に、できるだけ、夫婦で、あらかじめ英語学習について、どのように考えるかを、決めておくと良いと思います。

    予算・始める時期・学習の手段(自宅・オンライン英会話・英会話教室・通信教材など)

    その結果、他教材との併用を考えているとか、英会話教室とどちらにするかを考えているなど、営業マンとの訪問日時を決める際に申し出をしておくことで、その考え方に対するアドバイスがあったり、「併用ならフルセットは無理!」という印象を与え、無理強いと感じるような言葉も減ることだと思います。

    最後に

    購入して、「後悔したという評判」とその「対策」について、ご紹介しました。

    ・高額だけど、プログラムに関しても、幼児教材のトップクラス!
    ・幼児期特有のイヤイヤ期・幼稚園入園の頃からの友達の影響に要注意!
    ・営業マンが来る前に、予め、学習計画を立てておくこと!(※決まっていないと、営業マンのPUSHで購入してしまったから・・・、という後悔の気持ちが残りやすい。)

    ディズニー英語教材の無料サンプルを観たい!>>>


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました