幼児英語のバイリンガルにおすすめのオンライン英会話は、こちら!

オンライン英会話クラウティ
スポンサーリンク

安い予算で、お子様にバイリンガル教育をする方法とは?

バイリンガルとは、2か国語を母語として話すこと。

これから、学校教育も英語重視の傾向にある中、あなたのお子様に、英語で苦労させたくない!

語学堪能となり、将来、ビジネスで活躍したり、世界中、旅行も楽しめる!

そんな夢を、我が子にプレゼントしたい!

と、考えている人も多いと思います。

その夢を現実にさせるための教材として、英語のインプット&アウトプットの幼児教材も数多く出回っています。

しかし、教材の質が高ければ、高いほど、金額的な予算も高額になってしまうので、なかなか手を出しにくい!

ということもあるかと思います。

そこで、幼児期からのバイリンガル育児として、私がおすすめしたいのが、この”オンライン英会話クラウティ”です。

オンライン英会話クラウティのおすすめな点とは?

オンライン英会話クラウティのおすすめな点とは、以下の通りです。

  • 月額利用料金が、4,500円(税別)と格安!
  • 毎日、講師と対話ができる!
  • 家族シェアができる!
  • 講師とマンツーマンで学習
  • 面倒なスカイプなどの手続が不要!
  • 自宅学習!(通う必要がない!)

以上のような利点があるからです。

話せない乳幼児にオンライン英会話は無理?

まだ、日本語すらちゃんとしゃべれない幼児に、オンライン英会話は無理なのでは?

と思う人も多いと思います。

でも、日本語がまだ十分話せないほど、3歳以下のお子様は、言語を覚えようとする能力が高い時期と言えるので、バイリンガルを考えるには、丁度よい時期と言えるのです

ただ、英語のインプットをして、英語の音になれるまでに、ディズニー英語は、2000時間必要だと言っています。

毎日30日間25分ずつ英会話に取り組んだと計算すると、

25分×365日間(一年間)÷60分=約152時間

ということになり、1年間毎日続けても、必要時間の「13分の1」にしかなりません。

そこで、毎日、それ以外の時間帯に、DVDや英語のCD、英語こどもアニメなど、インプットのための英語の音入れを加えることにより、効果をより一層大きくすることができます。

高額なディズニー英語教材でも、3歳までにDVDやCDなどによる、インプットを重要視しており、同時に週に1回講師との電話によるアウトプットの機会が設けられています。

オンライン英会話学習は、アウトプットとしての役割が大きくオンライン英会話クラウティの場合、英語が苦手なお母さんに変わって、毎日話しかけてもらえる分、自然と日常生活の一部にすることができて、赤ちゃんは、両方の言語を必要だと感じてもらいやすくなります。

ディズニー英語教材とオンライン英会話クラウティの大きな違いとは?

ディズニー英語教材のメリット・デメリット

ディズニー英語教材は、乳幼児向けの教材なので、乳幼児の興味を引きやすいアニメーション、キャクター、音楽やリズムになっています。

また遊びの要素を取り入れてあることで、乳幼児が楽しみやすい教材と言えるでしょう。

英語の発音は、アメリカ人のネイティブということですが、キャラクターの性質上、聞き取りにくい(ドナルドなど)ものも含まれています。

3歳までにしっかりインプットをするところまでは、親次第で簡単な使い方なのですが、アウトプットの段階で、挫折してしまう人が多いのが特徴です。

特に、親が英語が苦手な場合、教材や講師とのテレフォンイングリッシュ、有料のイベントだけが頼りになるところ、お子様が、幼稚園入園頃から、教材に興味を示さなくなることで、アウトプットへの働きかけが上手くいかなるご家庭が多いようです。

 

オンライン英会話クラウティのメリット・デメリット

一方、オンライン英会話クラウティの場合は、インプット量が少なく、アウトプットの働きかけが大きいと言えます。

親が英会話が苦手だとしても、画面の中から、講師の方が、興味を引きつけるように、一生懸命に話しかけてくれます。

親は、お膝にのせて、画面に注目するように働きかけるサポート役となります。

特に、お子様が一人でお話しできるようになるまで、一緒にサポートすることで、お母さんご自身の英語力も同時に上がっていくことが期待できます。

実は、オンライン英会話クラウティは家族シェアができるので、今日は、”お母さんのレッスン日”と決めて授業を予約すると、お母さんが、日常、お子様に英語で話しかけるためのフレーズをレッスンしてもらうこともできるのです。

だから、だんだんとお母さんも上達してくれば、お子様に英語で語り掛ける自信が湧き、後に、英語で会話ができる親子を目指したり、家族で海外旅行に行った時、親子で堪能に現地の人と話せるようになるかもしれません。

何といっても、親の英語の苦手意識がなくなることで、お子様の英語のアウトプットをやりやすくなるというメリットもあります。

しかも、月額4,500円(税別)という低料金で、お父さん、お母さん、子どもたち(きょうだい)、おじいちゃん、おばあちゃんの誰でも登録できて、毎日、英語で家族の誰かがお話しできるので、ご家庭に英語環境を作るのには、とても良い習い事だと言えます。

【ディズニー英語教材とオンライン英会話クラウティの大きな違いとは?-まとめ】

・ディズニー英語は、英語のインプットに優れていて簡単!アウトプットの引き出しが難しい!
・教材費数万~100万円弱の高額料金
・オンライン英会話クラウティは、英語のインプット時間が不足!アウトプットに優れ、家族シェアできる!
月額4,500円(税別)という低料金(入塾金・教材費は無料)

オンライン英会話クラウティの教材は?

オンライン英会話クラウティのすべての教材は、サイト内のレッスンルームに用意されています。
例えば、幼児対象の初級教材には、”絵カードで単語を覚える”というのを選択できます。
講師が、絵を見せながら、野菜・果物・色・動物・虫などの単語を読み上げてくれますので、講師と一緒に読み上げの練習ができます。
レッスンルームの画面上に、このような教材が用意され、画面の左隅に、先生の顔が見えます。
お子様ご自身の名前で授業を予約する場合、日本語の単語が言えるくらいになっていて、一緒に単語の読み上げができそうであれば可能だと思います。
始まりで、年齢や名前を聞いてくると思います。
お子さまが自分の名前を「たろう」「はなこ」と名乗ったり、指で2本指(2歳)などと反応できない場合は、親が代わりに、答えることがあります。
はじめての先生の場合は、必ず、そのような自己紹介がありますので、あらかじめ、
・「ハロー」
・「たろう」「はなこ」
・指で年齢を示す
程度を練習しておくと、慌てることがないかと思います。
また、その日にレッスンしたことは、日常でも、親がご家庭にある絵本を読んであげるとき、
「あっ、これ、さっき、”cat”って教えてもらったね。」
など、復習するようにすると、早く覚えられます。
また、翌日の授業を予約する時に、最低5回以上は同じものを選択すると、お子様も慣れてきます。
次々に、違う授業を選ぶと、覚えるための時間が足りないので、お母さんが様子をみながら、
「覚えたみたいだから、次に進めよう!」
「覚えてないみたいだけど、ほかの動物も見たいだろうから、違う動物コーナーにしよう!」
「一巡したから、もう一度、復習として選択しよう!」
など、親が、お子様の様子を見ながら、使用する教材を決めたり、進むペースを決めることができます。
英語教室のグループレッスンと比較すると、
英語教室のグループレッスンに比べ、先生と対話できる時間が多く取れること!
グループレッスンは、自分の子どもが出来なくても、カリキュラムに沿って、どんどん進めてしまう!
グループレッスンは、もっとたくさんの英単語やフレーズを覚えたい!と思っても、やはり、カリキュラム以上のことは、やってもらえない

グループレッスンは、以上のようなデメリットがあります。

オンライン英会話クラウティは、25分間は、先生を独り占めできますので、短いようでも、毎日やっていると、

1回25分間×7日間(1週間)=175分(2時間55分)となり、

1週間で英会話の学習が、約3時間近くもマンツーマンで指導してもらえることになります。

特に、まだ、3歳未満で、毎日のレッスンが難しいようであれば、家族シェアのシステムを利用して、お母さんが、育児向けのフレーズがカリキュラムとなったレッスンを受けることができます。

お母さんが英語を話していると、お子様にも良い影響があるかと思います。

 

現在、オンライン英会話クラウティを最大14日間、

無料でお試しできるので、まずは、どんな感じなのか?

体験してみるといいと思います。

オンライン英会話クラウティの
最大14日間のお試し無料体験は、こちら!




テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました